MENU

ヒンジ製品

衝撃ロックヒンジ

衝突時の動作規制機構を搭載

自動車部品の安全規格に適合させるため、一定の衝撃が加わった際に動作を規制する機構を搭載しています。
絞り多用のプレス部品を採用することにより、自動車に必要とされる軽量化・高強度化を同時に可能にしました。

技術(Key technology)
  • 衝撃センサー機構
  • 絞り加工(プレス品)
用途
  • アームレストなどの自動車内装部品
お問い合わせContact

企業・製品やIRに関することなど、お気軽にお問い合わせください。

フォームからのお問い合わせ