MENU

プラスチック製品

インシュレータ

薄肉成形技術によりモータ性能の向上が可能

モータコアと巻線の絶縁コーティングを樹脂成形品にすることにより、工数削減や歩留り向上が
図れます。
更に、ガラス強化グレード材料を使用し、t=0.3㎜ の薄肉化を可能としました。
この薄肉化により、巻線の巻数を増やすことができ、モータ性能と耐熱性の向上に生かすことが出来ます。

技術(Key technology)
  • 独自の金型構造
  • ガラス強化グレードでの薄肉成形
用途
  • モータインシュレータ
仕様

樹脂材質:PA-66、PPS
肉厚:0.3㎜
外形:φ35㎜
長さ :20㎜
耐熱温度:250~260℃

お問い合わせContact

企業・製品やIRに関することなど、お気軽にお問い合わせください。

フォームからのお問い合わせ